自宅サーバーを作ってみよう パート5

ダイナミックDNSに登録してみる
 自分のマシンをネットのネームサーバーに登録しようとしても電源を入れなおすたびにIPアドレスが変わってしまうので、それを回避するダイナミックDNSサービスに登録してみる。何時だったか、「家サーバープロジェクト」なるサービスを利用したことがあるのを思い出したが、どこにあるのやら・・・・どうやら「ieサーバー」として現存しているので登録してみる。
家のマシンからでは閲覧不能
 なんと家のLAN内のPCからだとルーターの設定画面になる。IPアドレス的には家になっているのだが、それってつまりルーター。だからといって設定画面になるのは危険な臭い。うーん。でもまぁ、内部からアクセスすれば、ルーターに行き着くのは当然か・・・。って・・・だったらどうすれば・・・。
 考えた末、携帯からアクセス。って、なにやらエラーは出ないけど表示できない・・・。うーん。ってXAMPPの「ようこそ」画面だからダメなのかなぁ。サーバーのHTMLの場所を探してindex.htmlを観てみるとダグでXAMPPの「ようこそ」に転送しているようである。これを消して、「これはテストサーバーです。」とプレンテキストを入れる。
 これで大丈夫と思ったが、なんの変化もなし・・・・うーん。
 しばらくしてもう一度試したら、表示できました。どうやら、http//wkausan.dip.jpとして、動いてい見る模様。まぁ、あくまで実験用なので、正式運用には程遠いのです。それにしても、外部からの見栄えをチェックできないのは余りにも不便である。何か方法はと思うのだが、さっぱり解らんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA