もってのほか

 もってのほか、ってのはほかでもない、食用の菊の花のことです。あまりのおいしさに「嫁にくわせるなんてもってのほか」っていうのが名前の由来だそうです。昔の旦那さんは自分で料理する人なんていなかったことを考えると、ふざけたネーミングですね。山形が産地で、おひたしやあえ物にして食べます。独特のプチプチ食感が美味しいです。
 関東では滅多に見かけませんが、売っていたので50円×2パック購入。自分で調理するのは始めてです。茹でてから、醤油とかポン酢とか、めんつゆとかを比べながら、落ち着いたのは「わさび漬け&醤油」です。
 庭でも育ててみようと思うのですが種が売ってないんですよね。丈夫で宿根なので、挿し木や株分けで育てるんだって。だれかちょーだい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA