外壁リフォームへの道パート2

2社から取っていた見積もりが揃った。
ちなみに内容は、外壁、屋根の塗装と雨どいの全交換である。
A社 123万円
 →職人が責任を持って実施しているという触れ込みで問い合わせしたが、
  いわゆる営業マンが見積もりしていった。
  家にはしごをかけて屋根に上って見ていたが、どう見ても職人ではない。
  職人は、そんなへっぴり腰ではない。
  しかもHPに書いてあった印象とのギャップが気になる。
  こいつら仲介してる業者さんですね。
  
B社  90万円
 →HPで問い合わせしたら、「ペンキ屋です」って電話がかかってきた。
  しかも、自宅から電話してるって感じの家族の音が聞こえてた(笑)
  いかにも塗装工な感じで、ペンキだらけの車と作業服だった。
  頑固な職人オヤジかと思ったが説明は的確で細かいところまで
  良く見ていた印象はある。
  ただし、夕方にお願いしたのに、午前中に来たのは、ちょっと気になる。
 それでもって、見積もり明細を凝視。
えっと全体的にA社の方が少し単価が高い。やはり、A社は営業会社だろう。
 となるとB社でと決めたい気持ちはあるが、金額が高い買い物なので、もう一社ぐらい
見積もりを取る&A社は営業熱心みたいだから来たら聞いてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA