ハゼ釣り

 臨時休日。暑いから自粛しようと思っていたのだが、ハゼ釣りに行くことにした。道具は家にあるし、エサは庭のミミズなんでお金はかからないし。エアコン代もいらない(笑)
 船橋港は青潮が入って魚がいないと聞いていたのですが、今日は潮も動くはずだと神頼み的な釣行。実際に潮も濁っていて沢山いるはずの釣り人がほとんどいない。よっぽど釣れてないのだろう。
 まずは常連が多くてはいるずらい木陰のポイント。2匹釣れたが、その後ストップ。そこから歩き回ったが潮はもっと濁っていてつれる気配もなし。元の場所に戻って仕切りなおし。やはりこの辺のほうが少しは潮が綺麗である。その周辺だけでも探ってみるとつれる場所は非常に限られていることが解った。しかもこの時期としては深い。1m未満の場所では反応ゼロ。そこで一匹反応があると同じ場所を狙って、反応がないと反応がある場所を探して・・・って感じ。なんせ釣り人がいないから、そんなことができる。
 満潮ぐらいから調子が上がって、根掛かりで針を取られたところで終了。12:30~16:00で24匹でした。サイズは12センチぐらいかな。食べごろです。他の場所でつれているとは思えず、おそらく今日のトップです。
 ちなみに釣りしていると思うこと。タバコを海に捨てないでください。これ本当に多いんです。釣りする人でも多いです(何故か地元の人が多い)。ハゼやテナガエビのように足元で釣るときはマジで切れそうになります。タバコって多くの生き物にとって毒なんですよ。
 ハゼって100匹とか釣れるって言いますが釣った事無いです。ハイスピードで釣れても食べられないからって止めちゃうしね。
エサや魚の容器を身に着けて、針をスレにして、その気になって手返しを早くすれば数は伸びるかな。一回ぐらいは記録に挑戦してみるか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA