ぜんぶ雪のせいだ

JRさん、あなたのキャッチコピーは正しいよ。
3日前の話
 次の日は休みだけど、翌々日の仕事が早朝かつ、家から比較的近いので荷物を積んだ会社の車で帰宅した。いちおう、チェーンを巻く練習もした。
一昨日の話
 雪が降る中、このままではチェーンどころじゃない可能性を感じて、雪が積もる前に、翌日の現場の近くの有料駐車場に車を移動した。
家に戻った時には、積雪が15センチを超えてチェーンどころじゃなかった。
昨日の話
 始発いや二番目の電車に乗って移動。降車駅であればタクシー、なければ始発バスとの作戦。タクシーない・・・。バスの運休情報はない・・でもこない。結局、一時間ぐらい待ってバス会社から今更の運休・・。雪道を歩いて40分、最初から言ってよ。
 現場に到着も、車の移動ができる状況ではなく、待ち合わせた仲間と大荷物を持って現場へ入場。これが辛かった。まじで。
 荷物を持って現場に入ったら、もうひとりの歩き組が「たいへんでしたぁ」って合流。大変なのは間違いないが、なんかムカつく。
 ちなみに作業が終わったのは22時。最後まで残った2名が近隣のホテルで宿泊。
 本日、ホテルから車で移動しようとしたら大渋滞。高速道路が全面閉鎖で、普段からボトルネックの国道が最悪の状態に。次の現場は私が行かないと始まらないので、最寄駅で荷物を抱えて電車移動。結局、ホテルの最寄駅に行くのに1時間に費やした・・・。普通なら5分・・・。もう一人は車でのんびり来て言い残しておく。
 私も現場に30分遅れ。電車組の仲間は待ちぼうけ。到着の私も、バタバタのなので、段取り悪し!自分にイライラするけど、新しい現場なので私が全部決めないと何も進まない。ここは落ち着いてと自分に言い聞かせる。ほどなく車も到着。なんとか最低限のミッションは15時ぐらいまでかかって終了・・。
 のだが、そもそも、終わったら直帰して会社に戻らないつもりなのだが、電話で、すぐにメール見て返信くれって言われて崩壊。会社戻って、メール見て・・・いやそのあの・・・以前に送った資料を再度添付して返信。なんだよ。他にも、いろんな伝言やらメモやらあったんで、連絡だけはした。
 その夜は飲み会だったんで、会社に戻るなら参加って話もあったのですが、私にしては珍しく、もうやだって帰った。
 早朝のバス停で待ちすぎたのを除けば、そうとうに正しい判断と危機管理能力を発揮できたと思う。ていうか、この2日間が全部ダメになる可能性の方が高かったの避けて何とかした。でも、体力も精神録もマジで疲れた。ほんと疲れた。
 これから寝るけど、そうとう寝るんじゃないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA