ハッカ水を作ってみた

 ごく一部のアウトドア系のサイトで、たまーに目にするハッカ水。最近で言うところの、暑い時にひんやりクールなスプレーとか、ウェットティッシュとかに含まれている、あれだ(シーブリーズの類)。メンソレータム、違う、メントールだ。
 この手の商品、真夏が35度を平気で超えるようになったころから売り出しているんですけど、実はもっと大昔からあるんですね。
①薬局でハッカ油を買う
②100円均一で小さいスプレー(化粧水とか香水とかの)を買う
③エタノールを買う(無水エタノールとか、消毒用とか。私は家にあるキッチン用のアルコールを利用)
④まぜる。①を数滴、③を少々、残りは水。
水を入れると白く濁る。乳化してるのかな。主成分であるハッカ油と水が混ざっている状態です。
 んで体に吹き付けてみる。これは・・・ガムの香りですね・・・。そりゃそうだ。ハッカだもん。んで、ちゃんと効果ありますね。刺激の強さは、作る過程で調整できるしね。虫除け効果も高いとのことで、釣りとかキャンプとかに良さそうです。天然成分ですしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA