テレビを購入した

テレビが壊れたので、仕事始めの帰りにヤマダ電機に立ち寄る。予算はないので安いものしか興味なし。39インチの「展示品」にした。40インチからちょっと小さくなるけど、許容範囲でしょ。価格コムを見ても、普通の新品と同じぐらい。最安値ではないけど、持ってきてくれるのはもちろん、今のを引き取ってくれるのはアドバンテージだ。こんなでかいもん、捨てるのだって苦労するからね。

久しぶりのソニー製品だったけど、今後しばらくは買わない。壊れるのは仕方ないけど、大事に使ってても使用頻度が低くても、何の関係もなく嫌な壊れ方する。感じ悪い。昔の家電は長持ちしたって言うけど、ソニー製品に限っては聞かない。だからソニータイマーって言葉があるんだと思う。ソニー製品には魅力的なものも沢山あるのですが・・・もったいない。

メインの家電はパナソニックが基本だと思う。ほかを選ぶにしても、同価格帯のパナ製品と比べれば間違いないでしょう。なんにしても基本的にハズレがなく安定感は抜群です。ちなみに照明器具はパナか東芝。蛍光灯や電球系の管球は東芝がいいよ。東芝は仕事上でも付き合いがあるけど従業員のレベルも高い(お金も高い)。

エアコンと冷蔵庫は難しいです。以前は日立と三菱が良かったけど、ダイキンが(エアコン)で価格競争でシェアを伸ばして、他もつられて、結果的に質が下がったからね。安ければっていうならアジア系がシェアを伸ばしてくるでしょうしね。省エネと予算だけみましょう。

なんにせよ、家電メーカーはフルラインナップを揃えることが多いのですが、得意分野、不得意分野があるってことは押さえておきたいと改めて反省している次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA