発明相談5回目

 今日も懲りずに発明相談に行ってきた。
何度も書き直した「特許願」。あいもかわらず、あーでもないこーでもない言われてしまうのだが、今までに比べたら、だいぶ進展があったほうだと思われる。今回の先生は2回目だけど、赤ペン先生ならぬ黒鉛筆先生で、持参した書類に沢山チェックを書き入れてくれるのでありがたい。
 先生の中には、「もっと具体化してください」と指示したり、「特許書類とは」と説明したりするだけで、肝心の書類の文言などのチェックは殆どしてくれない人も多いようなので、黒鉛筆先生には本当に感謝です。
 無料だから文句は言えないんですけどね。
 そろそろ出しちゃおうかな。黒鉛筆先生にもう一度添削してほしいけど、一ヵ月後だし・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA