話してて頭が痛くなった件

以下、B=○○、W=私

B「あのー工事するんで連絡したんですけどいいですか?」

W「連絡どうも。内容だけ教えてくれれば問題ないです。」

B「火災の感知器を移動したいんですけど。」

W「消防的に問題なければ良いです。」

B「えっと、取り外しと取り付けをして欲しいのですけど。」

・・・・なんで俺が、あんたの工事を手伝わなきゃならんのだ!

W「だから、いいって、資格を持ってる人が工事してくれば。私がやったら、別途お金がかかるけどいいんですか?」

会話が終わったから、ほっといた。後日・・・

B「あのー、消防署に出す書類に押印して欲しいんで、ビルの人に書類渡したんでお願いします。早めに出したいんで・・・」

W「えっと、なんの書類?って、まったく関係ない人に書類を預けて、私にサインしろと?」

B「消防の工事の関係の書類なんですけど」

W「いやだから、なんで私がそれにサインするの?誰にサインして欲しいの?」

B「ですから、Wさん、もしくはWさんの会社の押印だと・・・」

W「えっと、なんの書類(正しい書類名)と誰の署名が必要か教えてください。私のサインが必要とは思えないし、私経由で該当者に頼む必要があるなら考えますので。」

数時間後

B「あの、電気の増設工事をするんですけど、大丈夫でしょうか?」

W「電気主任に話を回しといた。ほかのテナントにも影響が出るかもしれないし、とりあえず、電気主任が見に行くから、その判断に従ってください。」

B「そうなんですか、他に影響が・・・。それで、感知器の移動の件ですが・・・」

W「話を聞いてもよくわからないから、明日見に行きますが、私に何をして欲しいのでしょうか?」

B「とりあえず、工事中に動作しないようになればと。あと古いみたいなんで、必要なら直して欲しいと」

・・・・だから、そんなん、自分たちの責任でやれよ”・・・さらに、

B「明日は私はいなんで、現場監督に状況を聞いてください。それと、押印の件は間違いでした。」

・・・ぶちぶち!

おい、あれだけ他人を巻き込んでおいて、それだけかい。

頭痛い。頭が痛い感じではなく、現実に頭痛がしたのは初めてだよ。相手にした私がBAKAでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA