ちょっとそこまでのはずが・・・

 天気が良かったので、外へ出てみようと昼過ぎに車に乗り込み、最上稲荷(さいじょういなり)へ初詣?でもしようかと走り出す。が、ぼけーっと走ってたら通り過ぎてしまった・・・俺ってバカ!
 そんでもって、あいかわらずぼけーっと走ってたら信号無視して横切る車にぶつかりそうになって目が覚めた(汗)いや本当にやばかった。
 ドキドキしながら北上。途中、雪が残っているところを見つけ、「雪景色でも見に行こう。ノーマルタイヤだけど行ける所まで・・・」と思い、さらに北上。想像通り県北に向かうにつれ雪が増え、いぶきスキー場までたどり着くも、もうちょっと行ってみようと・・・・展望台かなんか、観光地とか、なんかの目的らしき場所を探して頑張っていたら・・・なんと、山を越えてしまった。ひぇっ日本海側・・・。道路は大乗だけど雪の量が一気に増える。半分埋まってる家なんかもある。すげーなーと思ったら、あれれ、雪が減ってくる。山を降りてしまった・・・・。あんれまぁ。どうすべか。
 そのまま米子まで行くと、水木茂ロードの標識が・・・よしそこがゴールだと思ったら、雨が降ってきて、しかも案外遠くて、日が暮れてしまった。雨&夜&傘なしで、「妖怪がいる」ということ以外わからず。欲求不満のまま、引き返すのもなんだなぁと思い、さらに先へ進む。ちょっと遠いけど、出雲大社の看板・・・「はっそうだ、おいら初詣が当初の目的だった」と車を飛ばす。この時点で、帰れなくなることを決意。大社に着いたのは2030。例のでっかい「しめなわ」の所までしか入れないが、そこで拝んでいたら「目的の達成感」があって気分は良し。
 帰路、天気用法はまずまずなので、行けるところまで行こうと帰り始める。雨が降っているうちは、雪は勿論、路面凍結も無い。しかし山を登っているうちに、いつの間にか雪に。あれ、道路も白っぽく・・・。あれれ・・・道路が真っ白?。気がつけば新雪がうっすら積もった、それは綺麗な道を走っているではないですか。これでは絶対にブレーキは踏めない。アクセルとエンジンブレーキだけでコントロールだ。そんで駐車スペースがあったら停めて車の中で朝を待とうと思う。
 冷や汗流しながら進むと上り坂のピークは過ぎて岡山県へ。そんで、くだり中心へ、こっちの方が運転には気を使う。滑り落ちたら止まらんのだから・・・。途中、雪掻きの雪が崩れているところがあって、がたがたしたときに、反射的にブレーキを踏んでしまい、ドリフト状態!、絶対ぶつけると覚悟しましたが、なんとか無事でした。
 なんとか、雪の少ないところまで降りてきて、ほっとしてたら、車に引かれた猫(だと思う)の死体が・・・どこっ。さらに引いてしまった・・・まんまんだぶ、なんまんだぶ。
 さらに、道に、雪の固まりかなんかが、落ちてる。誰かの車から落ちたのかなぁと、余裕で走っていたら「ごがっがががんっ」今、車の左側、飛んだよな・・・。なんと、雪でもなんでもない、落石だった!ものすごい衝撃だった。車大丈夫だろうか・・・。というわけで、ヘロヘロになりながら帰宅したのが2:15。ちょっとそこまでが、14時間の危険ドライブになってしまった・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA