wakusan のすべての投稿

式根島(帰りの船で)

 11月22日 帰りの船に乗る。乗船の待機所で待っていると、またしても例の撮影隊。どうやら一緒に帰るらしい。軽く挨拶して乗り込んだ。

 乗船してから甲板に出て、昼ご飯をたべてビール飲んでいるうちに船は新島に到着。おや、あの2人組は・・・同じ宿の人で、確か式根島に行って飛行機かジェット船で帰るって言ってなかったっけ。話を聞いてみると結局飛行機には乗れず、ジェット船は欠航で、大型船になったとか、あらあら、でもそれも旅のうちですよね。

 しばらくすると、例の取材班のおねーさんが甲板へでてきた。これはチャンスとお話することにする。式根島のことを気に入ったようで、遊び出来たいって言っておりました。いやほんと、是非とも来てください。おすすめの時期は、夏休みを外した時期。海を満喫するなら9月(まだ泳げる)釣りをするなら、梅雨入前がいいでしょう。そのあと、何度もすれ違ったとか、同じ店を時間差で立ち寄ったとか、軽石は見つかったのかとか話した。沖で軽石を救ってきたというので、図々しくも「それ下さい」って言ったらくれた。まじですか、いいんですか、家宝にします。ついでに名刺交換までしてしまった。島って先も書いたように観光中に何度も出会ったりして、さらに帰りの船(長時間暇)も一緒だったりするので、ちょっとした出会いは良くあるのだけれども、テレビの取材班とあって話をする機会に恵まれるなんて初めてです。なにかスクープに出会ったら連絡しますね。いやないと思うけど。

 というわけで、今回の式根島の旅は終わり。釣りはだめでしたが、ほかは楽しめました。えっ、写真とかないのって、面倒だから気が向いたら追加します。今回、初めてチャレンジした、釣りしているときの水中動画とかもあるんだけどね。

式根島(上陸後)

 11月20日 9:30頃式根島に到着、乗客の多くは大島で下船しているので船内の人はまばら。あれ、下船しているとカメラマンが待ち構えている。島にテレビカメラとは珍しいなぁ・・・。そういえば、島って宿泊宿の人が迎えに来てくれるのが普通なんだけど、東海汽船のツアーでとった宿からの連絡もないので迎えに来てるんだろうか?あ、いたいた。清水家。民主で電動自転車を借りれるのは楽ちんで〇。荷物を置いたら島巡りである。

 最初に付いた浜辺に降りると、ここにもカメラマンがいる。なんでも軽石を探しているらしい。なるほど、私も仕事じゃないが目的は同じなのだが、見つからない。取材班はドローンも飛ばしてた。いいなぁ私も飛ばしたい。この後も美しい自然と戯れながら島を巡る。時折、先ほどの取材班とすれ違ったりする。狭い島だからね。観光客ともそうだけど、何度も会うんですよ。普通に。

 そんなわけで、だいたい一周したら温泉。式根の温泉は露天風呂で24時間開放(ただし水着着用)あーーーーーーーーー気持ちいい。すっごいきもちいい。特に隠すものがない解放された海沿いの海水の露天風呂。人もまばらで手足伸ばし放題。体からストレス的なものが抜けていく気がする。大事なことだからもう一度書く、めっちゃ気持ちいい。(なお、いくつかある温泉は歩いて回れる。一つだけ200円の有料温泉は真水で体を流せるので最後によると良いだろう)

 21日 今日は釣りでもするか。って風強くないか!釣りになるのかこれっ。しかも夕方から雨予想。まぁ遊べればいい。お、小舟が出ていくって乗ってるの撮影隊じゃないか!手を振ろう。しばらくして、帰ってきた手を振ろう。こころなしか満足そうに帰ってきた。肝心の釣果は・・・坊主じゃないって感じ。さらに雨が降る時間が思ったより早く納竿。島で雨降ると何もできないので、雨の中で再度露天風呂、それでも気持ちいぃ。温泉が染みる齢になってしまったなぁ。

30年ぶりの式根島(出発前)

 ようやく、コロナ過も落ち着いたので、2年半ぶりに伊豆7島に行こう。どの島にするか結構考えた。本当は神津島でキャンプしたいのだけど、もう寒いからダメ。ならば初めて行った伊豆7島である式根島に行くことにした。理由は温泉と景色。これにおいては式根島は最高だったと記憶している。

 準備が面倒なので、東海汽船からのツアーで予約。その数日後、激安船チケット発売・・・・。オーマイガーって感じで行く前から気分をそがれてしまった私。だがしかし。

 11月19日(金)仕事が終わって、そのまま竹芝桟橋へ。搭乗手続きを済ませても2時間は時間があるので、晩御飯&晩酌のために居酒屋に入ると、アサヒビールを飲むとAmazonギフト券が当たるというイベントをやっていた。普段はアサヒは飲まないのだが取り合えずチャレンジ。いきなり一等5000円!これはあれだ、ゲットするには条件があって入会されたりするやつだろ。って思ったけど、それらしい案内はない。続いて2杯目、3等1000円。いや絶対、なんか条件があるやつ。みんな当たるんだろこれ。恐る恐る3杯目、ハズレ。なんか安心した。店員に伝えたらびっくりしてた。4杯目、ここまで来たらサイクルヒット狙うぜって店員の前で開けたら3等1000円、サイクルヒットはないが猛打賞。んなバカな。止められないので5杯目、ハズレ。もう飲めません。なんと7000円分のAmazonギフトをゲットしてしまった・・・。コロナ過にため込んだ運を使い果たしたって感じですかね。

 なんか出発前からおかしなことになったが、かなり酔っぱらいつつ乗船。思ったより人がいるなと・・・おい、近くのおじさん2人組、酒飲みながら大きな声で話してる・・・・「静かにしてくれませんか!」あー言っちゃった。おれも酔ってるからなぁ。と追い缶ビールを飲んで寝た。

 文章が長くなったので続きはまた書きます。あ、そうそう、今回の目的ですが、釣りと温泉、そして小笠原の噴火から出たという軽石のゲットです。

スッポン放流

 先日保護したスッポンの子供。元気になったので放流してきた。もともと元気になったら放流しようと思っていたのですが、意外と情がわいちゃって、心の中で葛藤がありました。でも長期間飼うのは難しいし、秋が深まってからでは遅いと思ったので。気温が高いうちに元居た水系に戻すのが私のできる精一杯かでしょう。

やつは突然そこに居た!

 連休だったので、今シーズン初のハゼ釣りに行ってきた。釣果は・・・数匹・・・。なんせ強風で釣りずらいのなんのって。ラインが風で流されてコントロールできないので根がかりも多い。他にも釣りしている人もまばらで、私は良く釣っているほうだろう。強いて言うなら風のおかげで暑くない。なんて思っているときに、やつは突然に、そして足元に居た。

なかなか、びっくりした。スッポンの子供である。子供のころから水辺で遊ぶのが好きな人間だけど、49年の人生で野生のスッポンを見たのは初めてである。ってここ、ほぼ海の河口だぞ。おそらく昨日の大雨で上流から流されてきたのではないか?そしてようやく岸辺にたどり着いたのが私の足元だったと。さっきまで居なかったのに突然現れたスッポン、まったく動かないので棒でつついて生きていることはわかるが逃げようともしない。ただ潮が満ちてきて海水がかかると陸側へ移動した。海水を嫌がっているように見える。弱っているように見える。このまま放っておいても明るい未来が想像できない。食べるという手もあるが、食欲はわかない。うーむ。持って帰って飼ってみよう。と言うことで、うちの子になりました。名前はまだありません。大きくなるし私とどっちが先に死ぬってくらい長寿命だし噛みつくしペットに向いていると思えないので、元気になったら川の上流に逃がしてあげようかと思ってます。死んじゃったら庭に埋めます。

ミジンコとゾウリムシを飼ってみた

メダカと金魚のために、ミジンコやゾウリムシを増殖させて餌にしている人たちがいると聞きつけて、私もやってみることにした。

最初は田んぼから取ってこようと思ったのだけども、いろんな微生物が入って取り分けるなんて面倒な作業はできないので、結局アマゾンで買ってしまった・・・。それぞれ餌も付属しているので飼育開始して1週間。めっちゃ増えた。それでは、かわいい?ミジンコととゾウリムシをご覧ください。

女性のソロキャンって危ないよな

なんか空前のアウトドアブーム。おいらもキャンプとかするけど、最近のキャンパーは装備がすごくて、おいらのキャンプのイメージとだいぶ違います。

 ただ、気になるのはアニメとか映画の影響で女性のソロキャンプが増えているらしいと言うこと。ソロキャンしている人からは、オッサン声かけんなとかの書き込みもあるけど、はっきり言って危険だと思う。昼間に声をかけてくるオッサンが危ないのではく、最初から狙ってる人と(キャンプする必要もない人)と若い団体(酔っぱらった勢いで何するかわかんない)人たちかな。キャンプっていうのは不便だけど自由な時間を満喫するという場所だけど、超無防備なところでもある。管理されているように見えるキャンプ場でも、セキュリティ的には何もなくて、自己責任である。

 ソロキャンっていうのは、人が少ないところほど満喫できるかもしれないけど、アウトドアが人気になった昨今、困った人も増えるわけだ。そんな中で女性がソロキャンして、キャンプ場でも人を避けるような場所にテントを張る。一人の解放感を求めるのは共感できるけど、そういう人が増えると、それを狙う悪人も増えるのは自然の摂理。人から避けるほど助けも呼べない(=暴漢の対象になりやすいし、暴漢はキャンプしている人とは限らない)。大声出しても防犯ブザー持ってても聞こえる範囲に人がいない・・・。静かだから遠くまで声が響くと思えば大間違い。樹木は音を吸収するし、海辺なら波の音も大きい、雨なんか降ってたらテント内は騒音状態で、ちょっとした距離でも何も聞こえないよ。ソロキャンで一人の時間を楽しみたい人は、その辺を十分に理解してほしい。ちなみに、ベテラン女性ソロキャンパーと会ったこともありますが、その辺は承知の上というか・・・非常にたくましい人でした・・・。

 ちなみに気を付けるための方策として思いつくのはこれ

・防犯ブザーを持っておく(女性ソロキャンには必須だと思う)

・極端に離れた場所にテントを張らない(大声で助けを呼べるような距離にする。

・声をかけてくる人が嫌な場合は、「一人でやりたいんで、大丈夫です。」ってはっきり言う。キャンプが好きな人なら、これで通じるはず。ただ、キャンプしている人同士の触れ合いもキャンパーの楽しみなので、それをキモイと言うのは・・・理解してほしい・・・。

 こんなことブログで書いてもしかたないんだけど(見る人いないから)最近のソロキャンブームのネット記事を見ていると、ニュースになるような女性暴行事件がおきるのが目に見えるので書いてみた。

 ちなみに、私はハイシーズンを避けてキャンプするのが好きですし(そうは言っても冬場とかは嫌です)、そんな中で同じキャンプ場で出会うキャンプ仲間との交流も好きです。あぁでも学生団体は最悪です。

DIYオーディオ

 家の趣味部屋のオーディオを一部リニューアルしたので、この機会に紹介してみよう。

①メインスピーカーはAmazonで買ったパナソニック(Panasonic) 6.5cm フルレンジ 8Ω 10W スピーカー EAS65P118Dとかいうの。1年3か月前に買って、ダイソーのMDF板で作ったバスレフの箱に入れてみたやつ。見た目はともかく値段(980円)とサイズを考えるとよいと思っていたのですが、やはり低音は出ていない。

②アンプは、YAMAHAのAideepen YDA138-Eデジタルパワーアンプ基板 クラスD 2x20W 12V HIFIオーディオステレオアンプボードを3Dプリンタで作ったケースに入れたもの。写真で写っている白い箱。

③音源はラズパイZEROWH+pifiハットで音楽サーバーであるVolimioを入れている。NASとかの音源も再生できるが主に使うのはネットラジオだったりする。ラジオと言っても音楽を流し続けていいるだけのモノ。コメンテーターもいないし広告もない。特にオーディオメーカーのLinnのラジオが音質が良くて気に入っている。これで、Bluetoothでスマホのスピーカーにもなれば完璧なんだが・・・。

④そして、今回リニューアルしたサブウーハーYST45。中古屋で1500円のジャンク品だったが、なんか変な音がしてて、ただの台になってたが、たまたまユニットを交換したというネット記事を見つけて一念発起(大げさ)。ユニットを守るカバーが外れず、布を破り捨ててユニット交換。交換したのは【国内正規品】Dayton Audio DC200-8 クラシックシリーズ 20cm ウーファー 8Ωです。これいい。20年以上前のウーハーは、なんとなくボーボーなっていたのですが、ちゃんと低音の音楽が聞こえる。

 てなわけで、ちょっとした2.1chシステムができた。思いのほか気にいった。今のリビングのシステムも20年前の自作スピーカー・・・。CDプレーヤーはあったけど、それ以外はアナログだった時代と違って、デジタルが当たり前の時代。お金はかけられないけど、今どきのパーツで揃えればグレードアップするんだろうか。

 なのでメインスピーカーも作ってみる予定。

激安ウクレレと3Dプリントウクレレ

 少し前、3Dプリンターのデーターを配布しているthingiverseでウクレレのデータをダウンロードしてプリントしてみた。それでも弦(550円)と弦を引っ張る音程調整用のネジ(1000円)は買う必要があるので、Amazonで購入(合計で1600円ぐらい) ちなみにウクレレなんぞ弾けるわけではないが、ここは衝動買いというか衝動ダウンロードというか、そんな感じ。

 そんな時、思い出したのだ。だいぶ前、すごい安いウクレレ買ったことがあって放置、しばらくして遊んでみようと思ったらネジが壊れてTheENDってことがあったような。

 ちょっと探してみたら、ありました。弦とネジは3dプリンタ製と同じものを再購入して復活!なんと弾けもしないウクレレを2本所有することになり、飾る(汗)ためのフックをthingiverseでダウンロードして3Dプリンタで作り、チューナーをAliExpressで買い、チューニングして音を出してみる。

 どちらも音階は出そうだ。3Dプリンタは思ったより悪くない。ただ、私の組み立てに問題があって質が悪い。激安ウクレレは、意外と音は出るけど、たまに音にビビりがある(私が悪いのかもしれない)のと、やはり安い感がする。まぁ、どっちもどっちです。

 学生時代に吹奏楽部にいたけど、それからは音楽とは離れて生活している。でも伴奏ができる楽器と言うのは魅力的な存在です。ちょっと練習してみようかな。老後の趣味にために・・・

2021の初釣りはホンビノス

明けましておめでとうございます。

今年のは、初詣・・もしないで自転車乗って、せめて近隣の公園にでも行こうかと思っていたら・・・公園横のどぶ川~新川~花見川~東京湾と42キロのサイクリングした私です。

そのゴール地点での稲毛の浜で釣りをしている人たちを見ていたら、なんとホンビノス貝を釣っている人たちを発見。

は?貝を釣るだと?混乱する脳みそを落ち着かせて聞き取り調査。どうやらギャング針を張りを投げて引きずってくると引っかかるらしい・・・・。いや、ホンビノス貝が生息しているのは知っているけど、そんな運任せのひっかけ釣りでかかるのか?と思ったら立て続けに4回投げて3匹、んなバカな。翌日の予定は決まった。釣具屋に遠回りしてよってから帰宅。

 てなわけで、元旦2日目、朝から釣行してきた。20号のオモリを付いた天秤を投げて引きづるだけ。結構つらい。午前中の3時間続けて4個。2セット用意した仕掛けを失って力尽きた。

 帰ったら食う。なんていうか、旨い。まぁうーん。うまく言えないけど出汁がすごい。出汁=でじる。酒をふって電子レンジでチン。すごい汁がでる。ダシというかデジルがすごい。

 話によると、稲毛とかの人工浜に生息しているけど、潮干上がり範囲では取りつくされて、その先で投釣りで釣れるんだと。でもこれあれだ、未開拓の場所ってかなりあるよな。