今度は土壌の水分センサーを作ってみる

あんまり暑いので、たまの休みに外へ出る気がしないので、なんとなく電子工作して遊んでいるオッサンです。

先日作成したスマートリモコンは実用的に使ってます。ネット上でのスラックのメッセージを使っているので、スマホにスラックをインストールしてコマンド入れたら外出先からでもエアコンのスイッチを入れておくことができました。さらにリモコン付きの扇風機も購入して、より快適になりました。

さて、今作っているのは植木の土壌の水分センサー。土を水分で変動する可変抵抗とみなすため、クギ2本を土に突き刺し、トランジスタを入れてArduinoでアナログ入力に入れます。その結果から、水分を、大過ぎ、ちょうどいい、少ないに振り分けて、結果を3つのLEDで表現しました。でも、振り分けるためのすうちが、植物や土の種類、クギの刺し方で変わってしまうので、可変抵抗で設定値を変更可能にした。設定値を変えるのには、現在の詳しいデータと設定値が表示されないと困るので、LCDもつけた。その気になれば、LED表示の出力を使って自動吸水も可能ですね。温度センサーつけてヒーターも制御すれば植物工場装置にができそうです。

 

自作スマートリモコンができた

  スマートリモコンができた。ブレッドボードで実験したやつを、ユニバーサル基盤にはんだ付けして、ラズパイゼロとピンヘッダをつかってドッキング。赤外線LEDは、実験の時の2個から3個へ増設。テレビ、エアコン、照明のバラバラの位置にあるリビングのメインの電化製品へ向けた。リモコン学習するのが面倒なのでON-OFFぐらいしか使えないが取りあえず動くので満足。

ちなみにLEDの出力を最大限確保するため、3.3Vではなく5VのPINを使って、抵抗もつけてない。今のところ不具合はありませんが、そのうちラズパイか電源が壊れるかもしれません。よって良い子は真似してはいけません。

ATMにお金を忘れる

いやぁ、馬鹿ですね。

飲みに行く前に、お金を下ろそうとしたら、現金を財布に入れないで出てきてしまった。カードと明細表だけ財布に入ってた。

気が付いたのは、飲み会が終わって、一人○○円~と集金しているとき。あるはずの現金が財布になかったのだ!びっくりした。一緒に飲みに行く人を待たせているという急ぎの気持ちもあったのだと思うが、まさかお金を下ろしに行って、お金を持って帰らないとは・・・・。(そういえば、買い物して、お金を払って、品物を持って帰らない事が複数回あるな・・・)

さて、ここからが本番です。この場合、どうなるのでしょうか?

翌日、みずほ銀行で聞いてみました。

まずは銀行に届け出がないか問い合わせてもらったが、残念な結果に。どうすれば良いか聞いてみると、ATMでお金を取り忘れた場合、誰かに持っていかれてなければ自動的にATMに回収されて、取引がキャンセル、通帳記帳などして明細を確認すれば、引き出して戻っているという結果が解るらしい。それが無ければ警察に問い合わせの事。

通帳記入なんて何年もしていないけれども、ネットバンキングなので取引明細は確認できる。結果がこれ。

どうやら、戻ってきたみたい。下ろした時と戻った時と手数料が2回引かれているけれども、良し。これなら笑い話で済むってものだ。

自作スマートリモコンを試してみた

先日、GoogleHomeとAmazonEchoの両方を所有していると書いたけど、物足りないので、作ってみた。

検索してみるとRasipberrypiとか、Arduinoとか出てきます。手持ちのRaspberryPi3でやってみようと思って赤外線受信のセンサーと送信のLEDを買って回路を作ってみたのです。でもね、検索して出てくるLircは受信はできても送信は動かず(バージョンも多くて、何が正しいのかもわからず)。WiringPiの記事を見つけたけど、動くのだけど、赤外線出力の距離が極端に短い。

その後、出力を上げようと検索してみたが、500mA以上とか流そうとしている人が多くて、もしやラスパイではなく別電源でないとダメかと思って意気消沈(作ってもいいけど大袈裟な回路になってしまう)

いろいろ検索すると、普段は使わないラズパイの5V出力は、電源そのままなので、電源アダプタに余裕があれば出力は確保できる・・・手持ちのトランジスタ1815を使って・・・動くはずなんだけど、なんも変わらない・・・。さらに検索すると、1815は、そんな電流流せないし・・・ともあるけど、赤外線リモコンに500mA以上とかありえないからともある。正直、何が正しいのかわからず途方に暮れる。

今度は、ググる時に2018年以降で検索。https://qiita.com/takjg/items/e6b8af53421be54b62c9

ここで突破口が開ける。冒頭の方法は使わない。LEDの出力不足も解消できるとな。で、動いた。

音声→GoogleAssistant(Googlehome)→slack→ifttt→hubot→ラズベリーパイ→赤外線LED→GoogleAssistantの設定

音声から、赤外線リモコンで家電をコントロールするのに、どんだけWebサービスを経由すんだよと思いつつ、書いてあるがままに、それぞれのサービスにユーザ登録(無料)して連携させて、リモコンの照明の赤外線を記録させて、「OK google 電気つけて」と言ったら照明が消えた(笑)でも結構感動した。

無駄に長い話になったので、実際に使った電子回路と、設定に関する話は、次回にする。

 

GoogleHomeとAmazonEcho

新しいおもちゃが大好きな私。両方もっております。一番小さいモデルです。買ってそれなりに使っているので違いを書いてみようと思います。

まずはGoogleHomeMiniです。

見た目が饅頭みたいで良い感じです。そして音声の認識能力には驚かされますね。結構小さい声でも拾ってくれるのでありがたいです。アシスタントの声も違和感は少ないです。音質に関してもラジオを聴いていると思えば気になりません。良くまとまったハードだと感心。目覚ましとタイマー、朝のニュースが大半なので寝室に置いております。一つ気になるのは音楽サービスがスポティファイになってしまうと、選曲が微妙ということです。

そしてAmazonEchoDotです。

見た目は機械っぽくて可愛くないです。日本語能力もGoogleHomeの方が勝っているようです。ただAUX出力があるのはGood。家のオーディオに接続すれば音質的に有利です。またAmazonプライム会員なのでAmazonMusicからの音楽になります。曲数は少ないけどスポティファイより日本人的には良いと思います。それとジョイサウンド提供のカラオケも曲数は少ないけど、ちょっと良いですね。歌詞はスマホなどに表示されます。残念なのは、せっかくAmazonTVStickを持っているのに連携してくれないこと。使えねーって思ってしまいました。

どっちかうか悩んでる方へ

はっきり言って大差ありません(汗)ただCromeCastを持っているとか、Amazonプライム会員だったらとか、他に連携できるサービスを使っているなら、それらを選ぶのが得策でしょう。そもそも同じような性能なのだから、仲良く連携してくれればユーザーにはありがたいのだけど。

ビールでも仕込んでみるか

先日、谷津干潟に行った際に「むぎのいえ」という自家製ビールのお店に出会った。そのクラフトビールがおいしくて、もう20年前ぐらいに試したビールキットを引っ張り出してみた。使えそうなのは仕込みバケツぐらい。まぁ、あとはビールの元とビール瓶があればいい。以前は瓶ビールを一生懸命飲んだものだが(笑)打栓するのが面倒なのが分かっているので、炭酸用ペットボトルにする。これも飲むのは大変なので買ってしまいました。てなわけで、写真のように小さいホットカーペットを引いて、アルミで保温して一次発酵です。

仕事忙しすぎじゃないか?

今月の俺。ひどくないか?

ちゃんとした休みは2日間しかない。しかも早朝勤務が大半で、宿直勤務も入る。眠いのはもちろん、足腰がギシギシいってきてる。食欲もない。エネルギーを補充してるだけ。

先日、若い社員が無理って辞めたばかり。いっそのこと俺も倒れて会社に大きな迷惑をかければ、会社は気が付くのだろうか?

ニュースで言われるように景気は良くなってるようで、仕事案件は確実に増えてる。でもね、仕事は増えても、人がいない、働いている人は、忙しくなるだけで給料は僅かしか上がらない。やばかろう、日本。

ラズベリーパイのオーディオを試してみた

ラズパイを試して2か月。最初に試した水耕栽培のサーバーは、たんなる照明器具のON-OFFと、成長ぶりを記録するタイムラプスの定点カメラとして動いています。しかも、ラズパイ3ではなく、別に買ったラズパイゼロで・・・。

つまりラズパイ3が余っているわけで、ラズパイオーディオなるものを試してみました。わざわざアマゾンでラズパイで使える安物I2C-DACボードを買ってですよ。Volumio2なる音楽プレーヤー専用OSを導入して、ハイレゾ音源のサンプルをダウンロードして、普段使ってるアンプに接続してみた。おっ、結構いような。そのあと、普段のPCから再生してみると・・・。うーん。今のシステムでも安物DAC使ってるしなぁ・・・。

違いの判らない男です。

もはや恒例の神津島

今年も9/2~4まで神津島に行ってきました。いつもの神津島ファミリーキャンプ場です。あんまり毎年通っているので、キャンプ場で働いている人と、バスの運転手さんと顔見知りになっております(笑)

ムロアジ

それでもって、毎年の同じなのでこれと言って写真もなく、書くことも少ないです。今回は釣りと食事だけに専念してきたので、それだけアップしておきましょう。まずは前浜港に到着してすぐに地元の人が釣っていたムロアジ。便乗して隣で釣らせていただきました。2時間弱で20cm~25cmぐらいのムロアジをいっぱい。(暇な人は数えてください。)

ショゴとメジナ

昼ごはんは、よっちゃーれセンターで漬け丼たべて、午後はキャンプ場に移動。テントを張って準備を整えてから多港湾で釣り。結果は2匹。ショゴ(カンパチの子供)とメジナの子供。台風の影響が残ってて釣りづらかったけど、これでお刺身ゲット。夜も少し釣ってみたのですが、夜の波がある海は怖いので、すぐに撤収しました。

カンパチの刺身とムロアジのなめろう

それでもって、最初のキャンプ飯。ムロアジは「なめろう」と「ひらき」にしました。ショゴはお刺身です。ムロアジの数が多すぎて捌くのに苦労したし食べきれるものではないので、ひらいたのは塩水に漬けてから干してみました(その後、夜に雨が降って干物作戦は失敗しました・・・。)

ムロアジを焼いてみた

翌日の朝ごはんは、ムロアジの干物の失敗作を焼いて、食べきれなかったなめろうの残りです。左下にメジナの子が写っておりますが、気が付いたら無くなってました。カラスかネコか、なんかが持って行ったようです。

ムロアジです

さて2日目、釣り餌が少なくなったので、前浜港の釣具屋へ行きます。釣具屋のおかみさんに、ムロアジ以外のもの釣りたいって言ったら、「贅沢です」て一蹴されました(汗)なので、午前中は昨日と同じようにムロアジを釣りました。

イナダですよね

昼ご飯は、よっちゃーれセンターで、キンメダイの煮つけ定食。1000円で一匹丸ごとキンメダイですからね。安すぎます。おいしすぎます。それでもっと午後の釣り。ムロアジをたっぷり確保しているので晩御飯のおかずは確保できているので、楽しくやりましょう。家から持ってきたイカタンエサを試すのだ。と思ったら、雨が降ったりやんだり。海を見ると、ウミガメが浮いたり沈んだり。風も強くて思うようにいきません。

サンノジ

それでも半日頑張った成果がこれ。けっこう頑張ったでしょ。ショゴ2匹、たぶんイナダ1匹、不明魚(フエフキ系?)2匹、サンノジ1匹、巨大カワハギ1匹。これで、お刺身三昧決定です。

 

刺身アラカルトの漬け

さぁ、お待ちかねの晩御飯。モリモリ刺身です。食べきれません。さらに、残っていたなめろうは、ハンバーグみたいにして焼きます(サンガ焼き)これまた食べきれません。なので、キャンプしてた学生さんにお裾分けです。喜んでくれたと思います。それでも刺身が残ってしまったので、醤油とみりんで漬けにして冷蔵庫へ。明日の朝ごはんのお楽しみも確保しました。

翌朝、さっさと片付けて帰ります。残ったムロアジは開いてクーラーボックスに入れて持って帰ります。鮮度は落ちますが、ちゃんと焼き魚として食べれますからね。あとは船で寝ていれば、今回の旅は終わりです。

さて、帰ってからこの文章を書いているのですが、腕、特にヒジが痛いです。魚の釣りすぎでしょうか?今年も全力で遊ばせていただきました。ありがとう神津島。

ラズベリーパイで遊んでみよう

電子工作なんかで人気のラズベリーパイを買ってしまった。ラズパイ3です。インターネット上で知りうる情報だけで簡単にデスクトップが立ち上がった。ちょっと拍子抜け。Linuxってもっと面倒だった気がするけど、最近のはそうでもないのね。この投稿もラズパイからで、動作テストを兼ねております。

とりあえず、これで植物工場を作ってみようと思う。温度センサーでヒーターとFANをON-OFFして、水センサー(単なる電極)でお風呂ポンプで給水。あとは時間で照明器具のON-OFF。外部機器のON-OFFだから、SSRが複数あれば大丈夫でしょ。

せっかくだからカメラもつけて定点観察もよいかな。

わくさんの忘備録です