大失敗

 自分で話を進めて、自分で見積書作って提案して、そして受注しているのに、途中の段取りをした記憶がない。まぁ、ゆえに、どういう段取りで作業する予定だったか、何を根拠に見積書を作ったのか、さっぱりわからない・・・・。忙しいさなかの事とはいえ、ここまで記憶がないというのはショックだ!

液晶モニターが壊れた

 朝起きたら、家のパソコンの液晶モニターが写らなくなっていた。とりあえず、近くにおいてあった古いブラウン管モニターに接続したら写ったので、このブログを書いている。ってことは壊れたんだな。
時間を見つけて分解してみても望みは薄いだろう。さてどうしたものか、
その1 液晶モニターだけ買う
その2 パソコンもモニターも買い換える
その3 液晶テレビを買って兼用で使う
 どれもありだけど、急な出費はつらいなぁ。給料やっすいしボーナスはすずめの涙みたいなものだしね。

SNSのオフ会

 GREEに参加したのはGW後半のこと。暇だったんですね。
目的は↓
家庭菜園をしている人と情報を交換したい。
キャンプやアウトドア、釣りの仲間と情報を交換したい。
そもそも今の生活は視野が狭いので脱出する必要がある。
それで昨日オフ会へ。SNSって独特の世界があるから、ちょっと無謀かと思いつつ、やっぱり顔見ないとね。
 ネット暦は20年ぐらいありますが、オフ会と呼ばれるものに参加するのは初めてです。初めて会う人には人見知りするので緊張していましたが、良い人ばかりで楽しめました。でも、この年で朝までってのは止めようと思ったりもしました(汗)

今日もテナガエビ

 今日は疲れているので仕事は休み。それでも朝早くおきて栽培中の野菜たちの世話をして、午後はテナガエビを釣りに行く。
 釣り場は何時もの国府台のテトラポット。駅のそばに釣り座を構え仕掛けを投入。お弁当を食べつつ釣行開始。平日だから水上スキーとかの人たちは居ないと思ったが甘かった。波を立てられるので釣りにくいんですよね。さてさて、飯を食い終わった時点で当たりのひとつもない。テナガエビは待ちの釣りではないので上流へ移動しつつ、テトラポットの隙間を探っていく。テナガエビの気配すらない。
 しばrかう進んで、テトラがなくなってしまうあたりでようやく当たり。間違いなくエビの手ごたえだったので、その小さな隙間を攻めること15分。ようやく一匹。近くのテトラポットも入念に当たるが、この場所からの4匹のみ。見切りをつけて今度は元の位置まで釣り戻る。
 結局もとの場所に戻ってきて、そこで当たり!連発。このごく狭い範囲で8匹。結局12匹を釣って終わり。
 揚げてしまうのが一番美味しいのですが、油を使いたくないのでオーブントースターで焼いてみた・・・イマイチ。ダメだな。やっぱり油で調理したほうが良いみたい。
 もうちょっと釣りたかったが、バラシの数は少なかった。昨年わからなかったテナガエビ釣りのコツがつかめてきた気がする。隙間を攻める積極性と、手先に神経を集中させて当たりを取る緊迫感。手軽だけど奥が深い、ゲームバランスがいい釣りです。テナガエビにハマル釣り人が多いのもわかりますね。
 私にとっては、釣ったエビがビールをより美味しくしてくれるという事実が一番重要かもしれませんね。

今シーズン初テナガエビ

 江戸川でテナガエビを釣ってきました。3度目の正直ってやつです。4時間で6匹。満足のできる結果ではありませんが、なにはともあれ初物です。大量の油を使いたくなかったので、炒めてみましたが食えますね。パリッとはしませんが、エビの味は十分にあります。オイル系のパスタに使うのもいいかもね。見栄えがしますよね。
 ちなみに、今回のエサですが、庭に放置してある衣装ケースに溜まった水の中から捕まえました。赤虫です。やっぱりテナガエビには赤虫ですね。ミミズも庭から2匹捕まえてもって行きましたが、こちらでは当たりはあるけど不発です。テナガエビのためにもっと赤虫を・・・と思ったのですが=ボウフラも繁殖するのでわざと赤虫を飼うのはやめます。
 あ、そうそう、赤虫ってガガンボの幼虫ですよ。ガガンボって蚊のでっかいやつです。血はすいません。知ってました?

ミラクルニームの種

 ニームの種を100粒手に入れた。ニームってのは虫よけ成分を沢山含む熱帯性の植物らしく、インドやフィリピンなどではそれなりにメジャーな植物らしいが、日本で苗を打ってるのを見ると498円と高い。それならばと、野菜の種よりはるかに高い種を買ってみた(汗)ええ、衝動買いです。
 このブログを見ている知り合いの方には希望があれば数個差し上げます。知り合いで無い人には1粒50円ぐらいで売ろうかな。