白布温泉

 白布温泉に行ってきました。詳しくは検索してください。
良く言えば
 700年前からある温泉らしいけど、宿の数は少ないし、温泉街と言うよりも山奥の湯治場みたいなかんじ。水も温泉も、もしや電気も自家調達では?ってぐらいの雰囲気です。この建物も萱ぶきで古いみたいですが、綺麗にしていますね。天井も柱も黒光りしていてよく磨かれています。風格がありますね。大きな風呂ではないですが、湯量が驚くほど多くて、かけ流し過ぎって感じ。温泉としては超贅沢ですね。多くの温泉街のように温泉を買ってるってわけじゃないと思います。裏山から引いている水が飲み水としても使ってるのかな?温泉も水もすごい量で建物の周囲を流れていきます。使い放題って感じでマイナスイオン効果も高いんじゃないかな。もちろん食事も美味しかったですよ。
悪く言えば
 表裏一体と言えますが、設備は何もありません。人的なサービスも特筆するものは何もありません。お金を払ってんるんだから良いサービスをって思うひとは来てはいけません。
 それと、引いている水と温泉を滝のように落としているため音が大きいです。水の音に癒されれば良いのですが、部屋によっては気になると思います。その辺は価値観かな。
突っ込みどころ
 浴場と、その廊下の敷居が薄くて壁際の人のシルエットが見えるし、さらに上の方は透明。背伸びするとか180cm以上の長身なら風呂内が見れてしまうのでは?まぁ、つくりからすると、もともとはオープンな混浴だったんじゃないかな。古くからある秘湯が売りだし、わざと覗いていたとすれ、その行為が周囲から丸見えだから、それも情緒の範囲としましょう。
感想
 山形新幹線が通る米沢から車で30分。東京から3時間ぐらいかな。何もないけど、都会の喧騒から離れてのんびり感は高いですね。「熟年カップル」ってのが最高なんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA