ソメイヨシノが一斉に咲くわけ

 桜といえば、ソメイヨシノ。
春爛漫で、暖かくなった頃にいっせいに咲く姿は、まさに日本の春の象徴でしょう。
 それは、ともかく、なんで、そこまで一斉に咲くのかといえば、クローンだから。日本中のあらゆる場所にあるから感じないけど、ソメイヨシノは接木で広まった品種。そう、もとは一本しかない・・・。
 完全に同じDNAだから、同じ条件なら、一緒に咲いて一緒に散るという。一本の木のままなのだ。
 なるほど。挿木で増やしているのは知っていたが、それが、日本の桜の季節を作っているとは気がつかなかったよ。
 もしかしたら、日本に四季がハッキリしているのは、こういうことなのかも知れない。里山と言われている場所は、とき既に人の手が入っている森林ですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA