また神津島へ

 今年も神津島へ行きました。毎年行っているので、あんまり新鮮味がありませんね。他の所に行ってもいいのですがスケジュールが不安定な中で遊びに行くとなると、なんども行っている場所が楽なんですよね。今年は例年より涼しいので釣りを中心にしましょう。
1日目

 出発は夜。荷物が多いので朝早く会社に向かい、日中に仕事を片付けるために必死に集中するのだが、緊急出動あり。けっこう疲れてしまった。その後、新橋の上州屋で釣り道具を買い足して、肉丼を食べて竹芝桟橋へ。夜風が涼しい・・・いや少し寒い。
 恒例のレインボブリッジのピンボケ写真をとって、さっさと寝ることにします。
2日目

 到着しました。夏が終われば観光客が減る伊豆諸島。神津島ともなれば本当にスカスカ。今回は急がないので誰もいない浜辺でカニと戯れて、村落で漬け丼を食べてからキャンプ場に向かいました。

 キャンプ場で受付してテントを張ったら釣りです。とりあえず晩ご飯になる魚を釣るのです。ところが、そう簡単には釣れない。これは白飯のみなのか?と思い始めた頃、おっ、なんか釣れた。シマアジじゃぁ!うひょー。高級魚の群れが来たァ。ってテンションが上がりましたが、一匹だけ。もうちょっと粘って景色を見てたら手が引っ張られた。おっしゃ。なんか釣れた。メジナでした。とりあえず、シマアジの刺身とメジナの塩焼きを食べられたので良しとしましょう。美味かったですよ。ごはんは焦げたけど。
3日目

 夜明け前に起きて夜行の魚であるハタンポを釣ります。コマセを使い切っていたので、オキアミで一匹づつつるかと思ったら、コマセなくても入れ食いでした(汗)明るくなる1時間ほどで30匹ぐらい釣ったかな。アジと赤いのイスズミも混じりました。このうち5匹を活かして夜明けから泳がせ釣りをするのだ・・・が、大型のカンパチは回遊してくれませんでした。しょぼん。朝ごはんはハタンポの塩焼き。残りは一夜干しにしときます。まぁ、見た目と違って美味しい魚なんですけど、ありがたみがないんですよ。
 朝ごはんの後は村落へ。午前中は前浜港で釣れているというムロアジを釣ろう。発泡スチロールの箱と氷も用意してで出陣。でもちょっと風が強い。釣りにくい。はっくしゅん。やべぇ風邪ひいたような。おまけに船が着くから30分ぐらい釣れないとか・・・いやな感じだ。昼ごはんは港に売ってたお魚ハンバーガー。旨いじゃんこれ。気を取り直して釣り再開。地元のじいさんと話をしていたら、そのじいさんにヒット。すげーと思っていたら私にもヒット。ムロアジです。その後、入れ食いタイムスタート。港はお祭り騒ぎに。どれも30cmぐらいあるので、釣りごたえも十分ですね。まぁ、あっという間に釣れなくなりましたけど。

 気を良くして多幸湾に戻って、再度釣り。トリック仕掛けでタカベを狙って、釣れたら泳がせ釣りの作戦も、撃沈。タカベは大群で泳いでいるのに釣れないのだ。なかなか釣れないとは聞いていたけど一匹も釣れないとは思わなかった・・・。そんな中で、またしても近くの人がムロアジをゲット。これはっと思ったらトリックにもアタリ。こりゃ無理です。仕掛けが貧弱すぎて釣れません。大急ぎで仕掛けを変えてムロアジを最ゲット。でも手返しが悪かったので数は伸びず。今日の釣果の合計は、ムロアジばかり16匹。入れ食いタイムに間に合わなかった家族に3匹あげて13匹持ち帰り、ほかにソイを釣り人からもらいました。3匹とソイを塩焼き、4匹をなめろう。残りを一夜干しました。ええ、食べきれず、なめろうはキャンプ場の管理棟にある冷蔵庫へ。
 はっくしゅん。やべ、本格的に風邪ひいてるな。熱っぽいし。
4日目
 翌朝は、なめろうの残りをハンバーグ状にしてアルミホイルで焼きました。サンガ焼きっていうのかな。それとアラ汁。すげー美味かったです。
 それにしても疲れてる。いやだるい・・・。鼻水も出る。これは確実にダメな体調です。まぁ、帰りの船は寝てればいいから、大丈夫だろう。
 帰宅したのは20時前。37度はあるんだろうなぁと体温を測ってみると38度2分・・・おいおいこんな体調で、よくもまぁ遊んでいたもんだ。
5日目
 朝体温を測ったら37度1分。夜はまた熱が上がるかなぁ。今日は何もしないで寝てるべきなんだろうな。なんて思いながら、このブログを書いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA