毛玉が転がっていた

通勤途中、なんか毛玉があった。色と大きさからするとハムスターの死骸でも見つけてしまったかと思ったら、生まれたばかりの猫だった。目も開いてない・・・。っていうか、親はどこ行った!

会社で聞いてみたら、猫は複数生まれるけど、忘れられてしまうのもいるとか。無事でいるといい思うが、私には何もできない。

というか、この辺りは猫が人から餌をもらって生息している一角。定期的に子猫を見る(必要以上には増えないのが、不思議、いや不気味だ。)問題は人間だよなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA