ESP8266でWIFIラジコン試作

ESP8266でラジコンを作りました。

ESP8266はコントローラー側と本体とで2台使用。LANを使わずに直接通信させてます。車のボディとタイヤとピンポン玉キャスターは3Dプリンタ。電源はモバイルバッテリです。ギア付きのモーターはAliExpressで買いました。ほかにもUSBから5Vを取り出す小さい基盤と、モータードライバも使ってます。

 コントローラー側は、ボタン4つを使って、2個のモーターをそれぞれ前進後進回転させる信号を送るだけの単純なものです。ブレッドボードのままですが、そこそこ持ちやすいです。最初の計画ではアナログジョイスティックで回転数を制御できるようにと思ったのですが、ESP8266ってアナログ入力が1個しかない事に気が付いて妥協しました。

プログラムはここを参考に、いや参考というより、ほぼそのまま利用させていただきました。組み立てで接着が必要なものは両面テープなので耐久性はなく、特にモーターがとれちゃいます。

あ、そういえばこのESP8266、技適は大丈夫か?AliExpressで買ったやつだからなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA